一般的な個人信用調査の内容と目的

個人信用調査の内容は、それを行おうとする企業の目的によって、理由はさまざまです。

例えば、結婚相手に対する借金の有無の情報を確認、新規採用する履歴の照会、保証人を引き受ける際の依頼主の過去の借入などや返済能力のチェックが一般的です。

目的

会社や企業の新規採用時の信用調査

企業が、職員を新規に募集しようとする際に行われる事があるのが、この雇用予定の人材への個人信用調査です。

その内容は、やはり中途であれば、以前の職場での勤務態度や能力に問題がないかどうかや借入が多額ではないか考えましょう。

様々な場面で行われている信用調査

また新卒であれば近所での評判や成績、生活態度などに関する情報のチェックが行われますが、やはり、いずれの場合も、企業としてのリスクマネジメントの一環として、これは行われるものです。

これは中にはこの結果によっては合格が取り消される事もあります。

CIC

借入の保証人を引き受ける場合の信用調査

親しい間柄の友達等から保証人を頼まれる事が稀にあります。 こうした際に行われる個人信用調査では、これを行っている情報がわかってしまえば関係に水を差す結果となってしまうため、非常に慎重に行われます。 これが例えば、新規に事業を起こすために保証人が別世帯で必要、借入をするために用意する時などのケースです。 親しい間柄であればあるほど断りにくいものです。

銀行で借りる時も個人信用調査は行われています

しかし、実際に現状のその理由がはっきりしなければなおさらですから、こうしたあいまいな態度に関係はここから悪化してしまいます。 要点としての内容は、新規に事業を起こす人は、本当に採算の見込みがあるものなのかです。 どれくらいの負債を抱えて事業を起こす予定なのか等です。 借金の為の保証人であれば、返済の見込みが立っているのか、他に負債を抱えてはいないのかを考えましょう。 これまでの返済状況はどうなのか等が調査されます。 ここで当惑しないためにも、こうして根底からしっかりとした確認作業が行われていれば、引き受ける場合は信頼ができる安心材料となり、断るケースにもその理由をきちんと伝える事が出来ると言えます。

カラコンロデオ通販のbellapalermo

情報機関に登録はされない

個人信用調査の結果やその内容は、ローンやクレジットのそれとは実際には異なります。 情報機関に登録されるという事は限界では報告は特にありません。

気軽にスマホでもできる信用調査

また、主にこうした作業を行っているのは探偵事務所などになるためです。 こうした結果は依頼主に渡されて全部がこの段階で終了します。

結婚や婚約相手への信用調査

結婚相手に対する個人信用調査は、本人またはその両親によって行われる事が多いようです。 特にお婿さんとして家庭に入れる場合は念入りに細かい情報までチェックを行う方法もあるようです。

大きなローンを組む際の指標となる信用調査

最も一般的なチェックの内容は、ローンや身分不相応な借入を抱えていないか・ギャンブルなどの癖がないかといった経済的な面をはじめ、親族や知人・友達など交友関係におかしな点はないか、トラブルの元になりそうな人物と関わりを持っていないか、勤務態度などが社会人として問題はないか等で、これから親族となるのにふさわしい人物であるかどうかを確かめる目的で行われています。 離婚率が年々上昇している現代において重要な項目の一つとなっているのではないでしょうか。 主に財産があったり家柄が良いとされる地方の家系を気にする所で頻繁に行われるイメージですが、最近ではリスクを低く抑えるために少しずつ一般的になってきているようです。

今後ますます重要視される信用情報の調査

国民番号制マイナンバーが実施されることになれば日本では今後ますます個人の信用情報は重要視されることが予想されます。 メリットとしては税金や年金、保険なども含めた調査や管理がしやすくなるという所ですが、これは政府側や公務員側が便利なだけで国民にあまりメリットとなるポイントは見つかりません。 強いてあげるとすれば、現在のシステムがしっかりと安全で使いやすいものが出来上がればお役所での手続きの時に時間が短縮できるなどでしょうか。 制度ごとに違う窓口に行って申請しなくてはいけない面倒くささや手間が省ければという期待感ぐらいしかありませんし、実際は導入されてから慣れるまでにかなりの時間を要するでしょう。 むしろ良くも悪くも数字一つでその人の住所や所在地だけでなく職業や収入、電話番号や借金の有無なども全てが分かってしまう可能性があります。 その情報をしっかりと保護するシステムや管理能力は現時点ではあまり期待できません。

信用調査をした履歴も実は残っています

万が一、漏洩してしまえば悪用されることは否めませんし、全てが一つの数字で繋がってしまう事は恐ろしさが想像以上にあります。 メールアドレスやクレジットカードの番号などもむやみやたらに記入する事はリスクが大きいでしょう。 またパソコンに履歴を残しておくことすら、犯罪に巻き込まれるきっかけになりかねないのです。 現代は個人の特定がいとも簡単に出来てしまいますが、これが結果はそれだけでなくすべての情報まで調査されてしまうようになるでしょう。 安易にパスワードやログインIDなどを全て解り易く統一して同じ一緒にしていたり誕生日の単純な解りやすい並べ替えになっている場合は直ちに少しでも複雑な予想しにくいものに設定し直した方が結果としては安全と言えるでしょう。

CIC

このページの先頭へ